Text Size

Excelで次の図のように、A1セルに数字が入力されているとき、A1セルを入力したセル(ここではB1セル)に、A1に入力されている値が反映されます。
A1の入力内容を変更したら、その都度変更された内容が反映されます。

※自動的に変更が反映されない場合は、何らかの理由で「数式」タブの「計算方法」グループの「手動」になっていないか確認します。
  もし「手動」になってしまっている場合は、「自動」に変更しましょう。

このとき、B1セルに入力した計算式(=A1*3)を、B3セルにコピペします。
すると、参照元であるA1セルがそのまま2つ下のセルに移動するので、A3セルという何も入力していないセルを参照しているため、結果は0と表示されます。

このように貼りつけるセルの方向に応じて参照元のセルも変化する参照方法のことを、相対参照と呼びます。

また、次の図のように、A1セルの指定の方法を、$A$1のように、「$」(ドル)マークをA(列)や1(行)の前に付けます。

すると、A1セルの参照が固定され、貼り付け先がどこにあっても、A1セルが参照元であることに変わりがなくなるのです。
このように、列や行の参照元を固定する参照方法を、絶対参照と呼びます。

このとき、「$」(ドル)マークの付け方は、手入力でやっても良いのですが、入力・編集をしているときに、[F4]キーを押す度に、次のように参照方法を変えることができるのです。
A1 → $A$1 → A$1 → $A1 → A1……

これを翻訳すると、A1セルの相対参照 → A1セルの列と行の絶対参照 → A1セルの行(1行目)のみ絶対参照 → A1セルの列(A列)のみ絶対参照 → A1セルの相対参照
 


▲ページのトップへ移動する▲

発売中!

初の主著発売!